【習い事】子供に習い事をさせる4つのデメリット【子育て】

子育て

前回の記事にて子供に習い事をさせる4つのメリットを紹介致しましたので、今回はデメリットを紹介していきたいと思います。

【習い事】子供に習い事をさせる4つのメリット【子育て】https://labyrinthblog0310.com/lessons-benefits/

習い事をさせるデメリット

習い事と言うと良いイメージがたくさんあると思いますが、デメリットも存在しています。子供の個性、親、家庭環境で変化しますが、代表的な物を記載していきたいと思います。

月謝が掛かる

当然と言えば当然ですが、習い事をすると月謝が掛かります。月謝の額は習い事によって異なりますが、5000円~という価格設定が多いです。ラビリンス家は3人(各1個)で35000円ほど月謝を支払っています。月謝は額に関わらず家計を圧迫します。

遊ぶ時間が減る

習い事を始めると、従来公園で友達と遊んでいた時間が減ってしまいます。週1回くらいなら問題は無いでしょうが詰め込みすぎると子供の遊びたい気持ちが蓄積してしまい、習い事を辞めたくなってしまったりと負の連鎖に繋がります。

親に負担が掛かる

子供の年齢にもよりますが、自分で行き帰りできない場合は、親の送り迎えが必要になります。これが週に数回となると親に結構な負担が掛かります。

又、大会やコンクール等のイベントで土日に参加するというケースもありますので休日にも負担が掛かってきます。この負担が蓄積してくると親も精神的に参ってしまい、余裕が無くなって子供にきつく当たってしまったりしてしまいます。

ラビリンス家に於いても、宿題を嫌がる子供に無理やりさせていた苦い過去があります。当時は子供達にも相当なストレスを与えていた様で、習い事をやめてからは、自由にのびのび育っており、当時より子供らしくなりました。

嫌々やらせると親子の関係に影響を与える

習い事に通っていると必ずと言っていいほど、習い事が嫌になる時があります。この時に、無理やり行かせてしまうと親子の関係に悪い影響を与える可能性があります。

なぜ、悪い影響を与えるのかと言うと、子供は行きたくないと親にいっているにも関わらず、それを聞いてもらえないと、親に言っても意味がないと思ってしまいます。そうすると、将来に悩みができて相談したい時に親は選択肢から消えてしまいます。その他に相談できる人が周りにいれば、大丈夫かもしれませんが、いない場合は自分1人で抱え込む事になってしまい最悪の場合も想定できてしまいます。

子供が嫌がった時は、何が嫌なのか?どうしたいのか?をしっかり子供と話し合うようにしましょう。

まとめ
ラビリンス家の経験を元に4つのデメリットを紹介しました。
子供の為にと過剰にしてしまう事が親と子供双方にストレスを与えている事に結構な時間が掛かりました。
習い事はすごく良い事ですが、しっかりと子供と話し合って決める事をオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました