子供の自転車練習方法教えます。基本ステップと成功のポイント

子育て

子供の自転車練習を始めたいけど練習方法がわからないという方や練習が上手に行かないと悩んでいるという方の為に練習方法と成功へのポイントを紹介していきたいと思います。

この記事を読んで、子供との自転車ライフを是非楽しんで下さい。

練習の前に準備する物

①自転車(キックバイクでも可)

自転車は荷台が付いていると後ろから持つ時に持ちやすいので今から購入をする方は荷台付をお勧めします。補助輪は個人的には不要と感じていますが、練習のステップを細かく分ける事ができるのであっても問題はありません。

子供の年齢が2歳~3歳の場合はキックバイクをオススメしています。自転車を買うにはちょっと早いかな?三輪車の方がいいかな?という年齢ですので迷っているのなら騙されたと思ってキックバイクを選んでください。

理由としては、自転車の練習で必要なペダルをこぐというステップ以外は全てキックバイクで練習できます。子供が4歳~になって自転車の練習を始めようとした時にキックバイクに乗っていたかどうかで乗れるようになるまでの時間が劇的に変化します。

 

②ヘルメットとプロテクター

練習しているとどうしても転んでしまったり、ぶつかってしまいますので、怪我をさせない為にも、必ず保護具は着用するようにして下さい。

保護具を着用していなくて、転んで怪我をしてしまうと転ぶことに怯えてしまい、乗れるようになるまでの練習期間が長くなってしまう事があります。

又、練習して乗れるようになった後も、怪我の可能性は十分あります。そこで、日常的に自転車に乗るときは保護具を着用するという癖を付けさせる為に、練習の最初から用意して習慣づけた方が良いと思います。

練習する場所

練習する場所は、危なくなければ基本的にどこでも良いと思いますので近所の公園や河川敷等、広くて人通りの少ない場所を選んで下さい。近所に無ければ家の前の道とかでも大丈夫です。(通行する人や車があるので絶対に目を離さない様にする事!)

地面は芝生が転んで痛く無いから良いという意見がありますが、ペダルが重たくなってしまうのでペダルをこぐ練習には向いていないです。大きい公園等で、使い分けができるならバランス感覚の練習は芝生、ペダルをこぐ練習は砂地とすれば、怪我のリスクは少し軽減されますね。

練習の基本の4ステップ

ここでは基本となる4つのステップを説明していきたいと思います。キックバイクを使用していて自転車の練習を行う子供は②からスタートで大丈夫です。

①足で蹴ってバランス感覚を掴む

自転車のペダルを外して、足で地面を蹴ってバランス感覚を掴ませます。慣れてきたら地面を蹴る間隔を開けさせて失速して転びそうになるギリギリまで地面に足を付けないようにします。

②ペダルをこぐ力のコントロールを身に付ける

バランス感覚を掴めたら次は、ペダルをこぐ練習をします。ペダルをこぐのが苦手な子が多くここで、時間が掛かってしまうパターンが多いです。

練習方法は、自転車の荷台を持って支えてやり、子供にペダルをこいで貰います。ある程度、ペダルがこげるようになると子供は足元ばかりに視点が行っていると思うので前を向いてこぐようにして練習しましょう。

ペダルをこぎながらバランスを取る

ペダルをこげるようになったら、②の練習方法で荷台を持って支えている手を放してみます。最初から離した状態でするとこぎ始めに力がいるのでバランスを取る状態までいかない事が多いです。その為、最初は荷台を支えて加速した状態で手を放してください。

この練習を繰り返していると、手を放してから地面に足が付く距離がだんだん長くなっていきます。慣れてきたら、最初から荷台を支えずにこぎ始めるようにして下さい。

④操作力を身に付ける

③ができるようになったら次はハンドルの操作力を身に付けさせます。大体の子供は③の練習中にある程度、操作できるようになっていたりしますが笑

操作力を身に付ける練習方法は、自転車を直進でこいでいる状態で90°曲がって止まるを繰り返します。曲がって止まるのができるようになれば、次は、曲がってそのまま進むを練習します。

ここまでくれば、公園等は、1周できるようになっていると思います。

成功のポイント

基本ステップを練習する際に成功する為の2つのポイントを説明したいと思います。

①視野を前(遠く)にする

練習で時間が掛かってしまっている子供は圧倒的に足元を見てしまっています。人間の感覚はなかなか優秀で、自転車に乗っている時に前を見ていると勝手に体がバランスを取ろうとしてくれます。下を見ているとその感覚が上手く機能しないので、絶対に視野を前にして下さい。

※自転車に乗れる大人でも足元を見ていたら転びそうになります。

②褒める・喜ぶ

少しでも上達したらしっかり褒めてあげましょう。褒めることによって子供は練習したことによってできるようになったと自信を付けます。又、親が成長を喜んでくれているのを見て、モチベーションを向上させる事ができます。

③子供のコンディションを把握する

いつもパワフルな子供でもコンディションが良くない時もあります。眠たかったり、お腹が減っていたりすると、集中力が散漫になったり、すぐ怒って諦めてしまったりしてしまいます。

そういう時は、無理に練習をさせるのでは無く日を改めて練習した方が良いです。無理な練習で自転車が嫌いになってしまったりすると悲しいですもんね。最悪の場合は、新たなことに挑戦する事が嫌になってしまうなんてこともありますのでしっかりコンディションの良い日に練習しましょう。

親の心構え

ここでは、子供の自転車練習に協力する親の心構えを記載していきたいと思います。

①絶対乗れる

あなたは長年生きてきて大人で自転車に乗れない人を見たことはありますか?私は見たことが無いです。仮に乗れない人を見たことがあってもそれはほんのほんの極一部の方でしょう。

私が言いたいのは、心配しなくてもあなたの子供は遅かれ早かれ自転車に乗れると言う事です。

だからこそ、気長に練習を見守ってあげて下さい。

②怒らない・比べない

子供が教えた通りにできなかったりしても絶対に怒ってはいけません。怒ってしまうと子供は萎縮してしまい、今後の親子関係に悪影響を与える可能性があります。

成功のポイントで子供のコンディションを把握すると言いましたが親のコンディションも把握して下さい。疲れていたりするとちょっとしたことで怒ってしまったりしてしまいますからね。そういう時は、日を改めて気持ちに余裕がある時に練習を行いましょう。

又、〇〇ちゃんは2日で乗れるようになった等、他の子と比べてしまう事は子供の自尊心を傷付けてしまうだけなので比べないようにしましょう。もし比べるとしたら、昨日の子供と今日の子供と言うように過去と現在で比べるようにしましょう。

③楽しむ

子供の自転車練習は、その子が自転車に乗れるようになったら2度とする事は無いでしょう。

だからこそ、一緒に練習している「今」を噛みしめ楽しみましょう。後で後悔しても時間が戻る事は無いですからね。

まとめ

今回は子供の自転車の練習方法を紹介しました。

基本ステップと成功のポイントを把握して練習を頑張って下さいね。

一番重要なのは、親の心構えだと思っているので、練習前には自分に言い聞かせてください笑

他にも自転車の紹介等をしている記事がありますので興味があればそちらをご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました